うずらの卵●ゆで方

お弁当や八宝菜などにうずらの卵をよく使います。

水煮を使う方がかんたんですが、

ゆでるのもそんなに手間はかかりません。

1. うずらの卵の鈍角の方に、

かるくヒビを入れるか、

針で1~2㎜穴を開ける。

(しなくてもよい。

穴を開ける卵用の針が¥100-shopで売っているので、

それを使うと便利。

殻が普通の卵よりやわらかく、

つぶれやすいので、

やさしく力を入れるとよい。)

2. 鍋にうずらの卵を入れ、

かぶるくらいの水を入れて、

火を点ける。

3. 沸騰するまで、

鍋の中をかき混ぜる。

(黄身を真ん中にするため。)

4. 沸騰したら、

かき混ぜるのをやめて、

4分ゆでる。

5. 火を止め、お湯を流し、

鍋の中に氷と水を入れて、

卵を冷やす。

6. 鍋のフタを押さえながら、

上下左右に振って、

殻に割れ目を入れる。

(うずらの卵の殻はやわらかいので、

かんたんに割れ目が入る。)

7. 卵の鈍角の方から、

殻をむけば、出来上がり。

♥ご訪問、ありがとうございました♥

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアをお願いします。更新の励みになります(^_^)/

フォローをお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. […] (詳しいやり方は→「うずらの卵のゆで方」http://nagonnchi.com/uzura-936) […]