【チーズタッカルビ】市場タッカルビに行った気分で食べるレシピ

チーズタッカルビ

しばらく前から流行っていますね~♪

おいしいですもんね。

日本では新大久保の『市場タッカルビ

のお店が人気みたいですね。

鶏肉はオリジナルタレに漬け込んで

2日以上熟成させていて、

チーズはモッツァレラとチェダーが

2:1だとか…

我が家は皆チーズタッカルビが大好きなので、

同じ感じで作ってみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

目次(タップすると跳びます♪)

材料

※ あくまで目安です。お好みの量でどうぞ。 

1人分 3人分
コチュジャン 大さじ1 大さじ3
酒  大さじ1 大さじ3
しょうゆ 小さじ1~大さじ1/2 大さじ1~1と1/2
砂糖 小さじ1~大さじ1/2 大さじ1~1と1/2
ショウガ

(すりおろす)

1/4片分 3/4片分
ニンニク

(すりおろす)

1/4片分 3/4片分
鶏モモ肉 1/2枚 1と1/2枚
サツマイモ 1/4本 3/4本
玉ネギ  1/4個 3/4個
キャベツ  1/8~1/4個 3/8~3/4個
餅(トッポッキ)  1~2個 3~6個
シメジ 10g 30g
食用油

(ゴマ油かサラダ油)

大さじ1/2 大さじ1と1/2
溶けるチーズ 50g 150g
モッツァレラチーズ 40g 120g
チェダーチーズ 20g 60g

 しょうゆの量

白いご飯のおかずにする時は多めで、

餅を入れたりチヂミを合わせてご飯を食べない時は、

少なめをおススメします。

 砂糖の量

タッカルビは甘辛の味付けで、

けっこう甘みがあります。

あまり甘くない方がお好みなら、

少なめをおススメします。

作り方

1.漬けダレの材料

コチュジャン・酒・しょうゆ・砂糖・ショウガ・ニンニク

を混ぜる。

2.鶏モモ肉を大きめの一口大に切り、

①の漬けダレに漬けておく。

(お好みで、10分~2日くらい。

10分ならもみ込むと味が入りやすくていいです。)

3.サツマイモは皮付きのまま1cm角くらいの棒状に、

玉ネギは7~8mm幅のくし形、

キャベツは食べやすい大きさ、

は縦半分に切る。

4.鍋に食用油を入れて中火にし、

さつまいも、玉ネギ、キャベツ・餅・シメジの順に重ねて入れ、

鶏肉をタレを切ってのせ、

(漬けダレは後で入れます。)

フタをして5分ほど蒸し焼きにする。

5.鍋の中を上下返すようにザッと混ぜ、

漬けダレを入れて、鶏肉に8割方火が通るまで

フタをしてさらに数分蒸し焼きにする。

6.⑤の鍋の真ん中を開けて、

溶けるチーズ・モッツァレラチーズ・チェダーチーズを入れ、

チーズが溶けたら出来上がり。

 器

直径 19cm  深さ 4.5cm (二トリ)

ひとこと

※ 鶏肉を漬け込む時間はお好みで…

シッカリ味をしみ込ませたいなら1晩以上で…

ワタシは外側だけ味がしみ込んでいるのが好きなので、

1時間前後漬けています。

(韓国でタッカルビを食べた時は、

鶏肉にシッカリ味がしみ込んでいたので、

長く漬け込む方が本格的なのかもしれないですね。)

※ 写真のキャベツの量は1人分1/8個です。

(キャベツ1/8個…120gくらい)

コドモはもっと多くていいとのことでした。

※ 本格的には、餅ではなくて、

トッポッキ(トッポギ)ですね。

餅を縦半分に切って代用しました。

※ チーズは、溶けるチーズも使って経済的&食べやすくしました。

チーズは細かく切っておいて、溶けやすくしておくといいと思います。

 モッツァレラチーズがのび~るのび~るで、

食べてて楽しいですね♪

新大久保『市場タッカルビ』に行って、

本物を食べたいです♪

 このレシピはそんなに辛くないです。

辛みをつけたい時はおススメです。

カルディにありました。↓

♥ご訪問、ありがとうございました♥

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアをお願いします。更新の励みになります(^_^)/

フォローをお願いします♪