【大学芋】簡単でおいしい|少し干してから低温で揚げるのがコツ

大学芋

手 間 ★★☆☆☆

時 間 ★★☆☆☆

材料費 ★☆☆☆☆

さつまいもを低温の食用油でじっくり揚げると、

外はカリカリ、中はホクホクになります。

意外な裏ワザですが、

さつまいもは切った後、

数時間干しておくと水分が適度に抜けて、

揚げると甘みが増します♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

目次(タップすると跳びます♪)

材料

 あくまで目安です。お好みの量でどうぞ。 

 ①  さつまいも   1本
 
 ②  食用油   適量
 
 ③  砂糖   大さじ2
 ③  水   大さじ2

 砂糖はお好みで、グラニュー糖・上白糖・キビ砂糖など…

作り方

1.

さつまいもを食べやすい大きさに切り、

水にさらした後水気をとる。

(その後、できたら網の上などに広げて

6~12時間ほど干しておくと、

甘みが増します。)

さつまいもの拍子切り

2.

鍋にさつまいもがかぶるくらいの食用油を入れ、

弱火で①のさつまいもを、竹串がスッと通るまで揚げ、

取り出す。

(だいたい5~7分くらい。)

さつまいもを揚げる

3.

別の鍋に砂糖を入れて中火にかけ、

あめ状になるまで煮詰める。

(ヘラで一文字がかけるくらいのトロミがつくまで。)

砂糖と水を煮詰める

4.

②のサツマイモを入れて、

しばらく煮からめ、

オーブン(クッキング)ペーパーの上に取り出す。

大学芋

5.

粗熱が取れたら、出来上がり。

直径 14.5cm  深さ 2.5cm (無印良品)

ひとこと

※ さつまいもは干さないで作っても、

もちろんおいしいです。

干す時は、天日干しでも室内干しでも…

ワタシは室内にしています。

 我が家ではキビ砂糖を使っているので

みつが茶色くなっています。

 お好みで、ゴマ(白黒)をかけても…

♥ご訪問、ありがとうございました♥

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアをお願いします。更新の励みになります(^_^)/

フォローをお願いします♪