★【牛皿】簡単なのに御馳走感高い・サイゲン大介風レシピ

牛皿

手 間 ★★☆☆☆

時 間 ★★☆☆☆

材料費 ★★★★☆

サイゲン大介風牛丼

牛皿にしてみました。

夕食の主菜などに便利に使っています。

御馳走感があっておいしいので、

家族に人気があります♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

目次(タップすると跳びます♪)

材料

 あくまで目安です。お好みの量でどうぞ。 

1人分 3人分
 
 水  50cc 150cc
 顆粒かつおだし 小さじ1 大さじ1
 顆粒昆布だし 小さじ1/2 大さじ1/2
 顆粒中華だし 小さじ1/2 大さじ1/2
 日本酒 大さじ1 大さじ3
 砂糖 大さじ1 大さじ3
 醤油 大さじ1 大さじ3
 
 牛薄切り肉 100g 300g
 
 玉ねぎ 50g 150g

 お好みで、万能ネギ七味唐辛子など…

作り方

1.

鍋に、水・かつおだし・昆布だし・顆粒中華だし・日本酒・砂糖・醤油を入れて、よく混ぜ、沸騰させる。

2.

①に牛肉を広げて入れ、弱火で火が通るまでかるく煮て、引き上げる。

3.

②に、薄切りにした玉ネギを入れて、5分ほど煮る。

4.

③に②の牛肉を入れて、かるく温めれば、出来上がり。

直径 19cm  深さ 3m (無印良品)

ひとこと

 サイゲン大介(うしろシティ・阿諏訪泰義)さんが、

吉野家の牛丼を再現するという企画での

レシピを参考にしています。

本家のレシピは検索すると出てくると思います。

吉野家の牛丼は、

もう肉からして一般的なものとは違うと思うので、

再現と言えるのかどうかはわかりませんが、

サイゲン大介さんのレシピで作る牛丼は

おいしいです!

ポイントは、「顆粒中華だし」だそうです。

牛脂の成分が入っているので、

牛肉の旨味が出るそうです。

他にも「白ワイン」を使って、

フルーティーさを出すそうですが、

我が家では、

日本酒で代用しています。

それでもおいしいです。

牛肉は、

「外国産の牛バラ肉」がこのレシピには合うと

いうことでしたが、

我が家で外国産も国産も試してみましたが、

どちらでもおいしかったです。

バラ肉でなくてもおいしかったです。

牛皿の膳

♥ご訪問、ありがとうございました♥

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアをお願いします。更新の励みになります(^_^)/

フォローをお願いします♪