★【牛丼】暫定1位のおいしさ・サイゲン大介風・ポイントは顆粒…

牛丼、

おいしいし、うれしいメニューですよね~。

我が家では、

休日の昼食やお弁当によく作ります。

今までいろいろ試してきた中で、

TV「あのニュースで得する人損する人」

サイゲン大介(うしろシティ・阿諏訪泰義)さん

作っていたレシピが、

今のところ一番おいしかったので、

そのレシピをアレンジしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

目次(タップすると跳びます♪)

材料

 あくまで目安です。お好みの量でどうぞ。 

1人分 3人分
 ①  水 50cc 150cc
 ①  顆粒かつおだし 小さじ1 大さじ1
 ①  顆粒昆布だし 小さじ1/2 大さじ1/2
 ①  顆粒中華だし 小さじ1/2 大さじ1/2
 ①  日本酒 大さじ1 大さじ3
 ①  砂糖 大さじ1 大さじ3
 ①  しょうゆ 大さじ1 大さじ3
 ②  牛薄切り肉 100g 300g
 ③  玉ネギ 50g 150g

 お好みで、紅ショウガ・万能ネギ・シソなど

作り方

1. 鍋に,

水・かつおだし・昆布だし・顆粒中華だし・

日本酒・砂糖・しょうゆを入れて、

よく混ぜ、沸騰させる。

2. ①に牛肉を広げて入れ、

弱火で火が通るまでかるく煮て、

引き上げる。

3. ②に、薄切りにした玉ネギを入れて、

5分ほど煮る。

4. ③に②の牛肉を入れて、

かるく温め、

器によそったご飯の上にのせれば、

出来上がり。

 器

直径 14.5cm  深さ 7cm (NATURAL KITCHEN)

ひとこと

 サイゲン大介(うしろシティ・阿諏訪泰義)さんが、

吉野家の牛丼を再現するという企画での

レシピを参考にしています。

本家のレシピは検索すると出てくると思います。

吉野家の牛丼は、

もう肉からして一般的なものとは違うと思うので、

再現と言えるのかどうかはわかりませんが、

サイゲン大介さんのレシピで作る牛丼は

おいしいです!

ポイントは、「顆粒中華だし」だそうです。

牛脂の成分が入っているので、

牛肉の旨味が出るそうです。

他にも「白ワイン」を使って、

フルーティーさを出すそうですが、

我が家では、

日本酒で代用しています。

それでもおいしいです。

牛肉は、

「外国産の牛バラ肉」がこのレシピには合うと

いうことでしたが、

我が家で外国産も国産も試してみましたが、

どちらでもおいしかったです。

バラ肉でなくてもおいしかったです。

ぜひ、お試しください。

おススメです 🙂

♥ご訪問、ありがとうございました♥

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアをお願いします。更新の励みになります(^_^)/

フォローをお願いします♪