すき焼きのレシピ●お手製割り下で節約・簡単・おいしい♪

割り下手作りして、

安くて、かんたんにできる、

関東風すき焼きです。

(スーパーで売っている、

薄めて使うすき焼きのタレ風です。)

コドモが大きくなると、

家族の食事の時間がバラバラになってくるので、

まとめて作って、

個々に食べられるようにしました

家族で一緒に食べる時は、

割り下だけ作って、あとはテーブルで…

を買っておくのをお忘れなく…

お正月によくすき焼きをするのですが、

その時は切り餅

縦半分に切って入れたりしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

目次(タップすると跳びます♪)

材料

 あくまで目安です。お好みの量でどうぞ。 

 具材はお好みのものをどうぞ。

    1人分 3人分
       
70cc 200cc
昆布 1cm角  1g 
カツオ節 1g  3g 
       
砂糖   大さじ1(15cc)  大さじ3(45cc)
みりん  大さじ1(15cc) 大さじ3(45cc)
 大さじ1(15cc) 大さじ3(45cc)
しょうゆ  大さじ2(30cc) 大さじ6(90cc)
       
牛肉 薄切り  100g 300g
       
白菜 好みの量  1/4株
長ネギ 1/3本  1本
キノコ類 好みの量  好みの量 
ニンジン 1/3本弱  1本弱
春菊 1/6束  1/2束
しらたき

(糸こんにゃく)

1/3パック

弱 

1パック

豆腐 50g 150g
       
1個 3個

作り方

1. 【割り下を作る。】

フライパンにを入れ、火を点けてから

昆布カツオ節(お茶パックに入れておく)を入れる。

沸騰したら弱火にして5分したら、

昆布とカツオ節を引き上げる。

2. ①に、火をつけたまま、

砂糖・みりん・酒・しょうゆを入れて混ぜ、

沸騰してから弱火で1分ほど火を通す。

【割り下の出来上がり。】

3. ②の割り下に、牛肉を入れ、火を通して、引き上げる。

4. ③の割り下を、個々に分けて入れ、冷めたら、

野菜を上から入れる。

5. それそれ食べる時に、火にかけて、

野菜が好みのやわらかさになったら、

③の牛肉を入れて、火を止める。

6. 生卵を添えて、出来上がり。

 

直径 15.5cm  深さ 7.5cm

ひとこと

 すき焼きなので、

ふつう鉄ナベ(とかスキレット)を使うものだと思いますが、

フタがあって便利なので、

我が家ではつい1人用土鍋を使ってしまっています。

我が家では、割り下を沸騰させて、

火を止めてから牛肉を入れて、

火を通しています。

※ 割り下の量が少ないように

感じるかもしれませんが(下の写真)、

野菜を入れて火を点けると、野菜から水分が出て、

1番上の写真くらいになります。

♥ご訪問、ありがとうございました♥

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアをお願いします。更新の励みになります(^_^)/

フォローをお願いします♪