インゲンの冷蔵&冷凍保存

スポンサーリンク
スポンサーリンク

インゲンの栄養は…

インゲンは、

付け合せや副菜に使いやすい食材なので、

常備するようにしています。

栄養的には、

貧血予防

(ミネラルが豊富で、鉄分も多いので。)

カルシウムの吸収促進

(必須アミノ酸をすべて9種類含むため。)

疲労回復&抜け毛予防

(カルシウムの吸収促進により。)

便秘解消&腸内環境改善

(食物繊維が豊富)

ダイエット

(低カロリーで食物繊維が豊富なため、腹持ちがよい。)

に効果があるようです。

実は栄養たっぷりのすごい野菜だったんですね~♪

冷蔵保存

生のインゲンは、色が濃く、全体的に太さが均一なものがいいそうです。

下ごしらえは、

洗う

下手と筋をとる。

(下手の端を折ると筋がつながっているので、そのまま引っ張ってとります。筋がないものもあります。)

塩少々を入れたお湯で、好みの固さに茹でで、ザルにあげる。

または、電子レンジで600w2分くらい。

または、直接調理する。

使わない分は冷凍がおススメだそうです。

冷凍したり、長く冷蔵保存していると若干栄養価が下がるので、

栄養的には冷凍しないで早めに食べるのがいいそうです。

(野菜全般にいえることですが…)

冷凍保存

冷凍のインゲンが使いやすいので、

ワタシはだいたいこれを利用しています。

栄養価は鮮度のよい生の物より落ちますが、

旬の時期に管理してちゃんと冷凍されていると思うので… 🙂

下手や筋がないので、

凍ったまま調理できて、

ホント便利ですね。

それから、

冷凍インゲンは、

冷凍した物だからか調理するとやわらかくて、

食べやすいです♪

やわらかめが好みの我が家では、

生のインゲンより冷凍のインゲンの方がよく食べてくれます。

歯ごたえがあった方がいい方は、

生のインゲンの方がいいかも…ですね。

メニュー

インゲンを使ったメニューは、

いろいろありますね。

●洋風主菜の付け合せ

●副菜

インゲンの胡麻和え

インゲンのおかかしょうゆ

●三色そぼろ丼

などなど…

最後に…

インゲンは栄養価が高くて、

冷凍食品を常備すれば、

かんたんに調理できて、

野菜が手軽に摂れる、

便利な食材だな~と思います。

忙しい方に、ピッタリの食材だと思いました♪

♥ご訪問、ありがとうございました♥

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアをお願いします。更新の励みになります(^_^)/

フォローをお願いします♪