いろいろしてみて一番よかった●冷凍保存する時のラべル

冷凍保存する時は、

ラベルをつけるようにしています。

そうしておかないと、

「これ、なにかな?」とか

「あれ、どこかな?」となって、

使いたい時に使えなくて、

冷凍保存した意味がなかった…ということが、

ありました。(涙)

凍ると、なんなのか、

判りにくくなるものがありますね。

見れば判ると思って書いておかなかったばかりに、

なんなのか判らず、

いつのまにか、ずいぶん経ってしまって、

「さずがに、もう食べたくないなぁ~。」と、

結局捨てることになったものが…

冷凍保存するのに、

ラップで包んでジップロックに入れる手間を

かけているのだから、

ラベルはつけて、ちゃんと使えるようにしよう!と、

今までいろいろ試してきた中、

一番よかったのは、

料理家・高木ゑみさんが、

TVで紹介していたやり方です。

小さいラベルシールに中身を書いて、

ダブルクリップの背に貼り、

そのクリップを冷凍保存袋の口にとめるというものです。

これを冷凍室に立てて保存すれば、

冷凍室を開けただけで、ラベルが見えて、

何があるかすぐわかります。

最初、ラベルが小さくてわかりにくいかも…と

思ったのですが、そんなことはなく、

なにより、

冷凍室を開けただけで、

何があるか一目瞭然というのが、

とても便利でした。

今までいろいろ試した中で、

一番わかりやすかったです。

(ラベルシールとダブルクリップ(25mm)は、

¥100-shop・Seriaで買いました。)

これまで、

A7の紙(A4のコピー用紙を切って作ってました。)に、

食材の名前と冷凍する日付を書いて、

その紙をジップロックに入れて冷凍保存していたのですが、

今、なにが冷凍室にあるのかが全部はわからず、

冷蔵庫の扉にホワイトボードをかけて、

そこに冷凍したものを書いて、

使ったら消す、ということをしたりしました。

この場合、

買い物に行く前に、

冷凍しているものを使って何か作ろうと思っても、

ホワイトボードに、

冷凍しているものの量も書いておかないと、

何を作れるかがわかりにくくて、

結局、冷凍保存しているものを

使いきれなかったように思います。

書くのが2回(A6の紙とホワイトボード)に

なるという手間もあり、

在庫の把握もおろそかになりがちでした。

高木ゑみさんの方法だと、

買い物に行く前に、冷凍室を開けるだけで、

何があるかが一目瞭然なので、

使えそうな食材があったら、

ちょっと持ち上げて量を確認することができます。

(肉類だけは重さも記入していますが、

目で見て量が確認できると、

私の場合メニューが決まりやすいです。)

そのおかげで、冷凍保存しているものが、

どんどん活用できて、

冷凍室がパンパンにならなくなりました。

自然と食費の節約にもなっています。

他に、

同じ大きさの小さめのタッパーをたくさん用意して、

それに入れて冷凍保存するというのもしました。

これはラベルシールに中身を書いて貼るので、

冷凍室を開けただけでなにがあるか、すぐわかるのですが、

量が入らないんですよね~。

タッパーだから、

中の量が少なくなってもスペースはとるわけで、

省スペースで保存できるのは、

ジップロックのような

プラスティックバッグが一番ですね。

高木ゑみさんの方法は、

わかりやすくて、省スペースの、

いいトコ取りな方法だと思います。  😀 

♥ご訪問、ありがとうございます♥

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアをお願いします。更新の励みになります(^_^)/

フォローをお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. […] (→いろいろしてみて一番よかった●冷凍保存する時のラべル) […]

  2. […] 詳しくは、こちらをどうぞ→http://nagonnchi.com/label-557 […]