もしかして人間も同じ?●草木のサイクル

寄せ植えのワイヤープラントが、

5月頃、葉っぱが全部枯れてしまいました。

(ツルだけに、なってしまいました。)

それまではすごく元気で、どんどん大きくなり、

主役のシクラメンやヴィオラをおびやかす感じだったのに…

寄せ植えを植えなおそうと思いつつも、

なかなか手が付かず、

水だけあげてそのままになっていたのですが…

6月に入ったら、小さい葉っぱが出てきて、

6月下旬には、ふさふさになってきました!!!

もしかしたら、植物にはサイクルがあって、

元気に大きくなった後、

葉っぱは枯れて、

さらにまた元気に大きくなるのかもしれませんね。

(私が植物に詳しくないので、

もしかしたら常識なのかもですが… 😳 )

思えば、うちにあるウンベラータの木も、

5月頃にほとんどの葉を落とし、

スカスカになるのですが、

6月に入ると新芽が出てくるのです。

最初の年はビックリして、

「買ってから1年たたないうちに枯れちゃうのかな…。」と、

とても心配しました。

いまはわかっているので、

心配することもなく、

いつも通りに水を遣っています。

もしかしたら人間も同じなのかも…と、

今日ワイヤープラントを見て、思いました。

元気な時もあれば、

枯れてしまうのでは…

と思うくらい元気がなくなる時もあり、

でもその後には、また元気になって、

さらに大きくなるのではないかと…

葉っぱ(表面)は枯れても、

根(中身)は生きていて、

葉っぱにエネルギーをかけない分、

その時に根はエネルギーを蓄えているのかもしれない、

そしていままでよりたくさんの新しい葉っぱ(表面)を

生み出すのかもしれないなぁ~、

なんて思いました。

♥ご訪問、ありがとうございました♥

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアをお願いします。更新の励みになります(^_^)/

フォローをお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク