★ポトフのレシピ【簡単でおいしい作り方】コツは野菜をよく焼くだけ

ポトフには野菜がたくさん入るので、

体にもお財布にも優しくて、

うれしいメニューですね。

この作り方だと、

20~30分でやわらかく出来上がります。

体も温まるので、

寒い時期にもピッタリ!

入れる具材もいろいろOKなので、

冷蔵庫で余っているモノの整理にもピッタリ!です。

具材を変えて作れば、

飽きずに楽しめます。

フランスの国王アンリ4世が、

「1週間に1度ぐらいは、鶏のポトフを食べよ。

ポトフは大変に経済的な料理である。」

と言ったとか…。

フランス国王のお墨付きの節約メニューですね。

おいしく作るコツは簡単で、

初めに野菜を焦げ目がつくまでよく焼くだけ。

その後、水を加えて煮込みます。

焦げ目がつくまで焼くと、

キャベツや玉ネギは野菜の青臭さが消えて、

甘みが出ます。

セロリなどの特別な隠し味を加えなくても、

とっ~てもおいしく出来上がりますよ。

素直なおいしさなので、

子どもにも好評です♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

目次(タップすると跳びます♪)

材料

 あくまで目安です。お好みの量でどうぞ。 

1人分 3人分
ニンジン 1/4本 3/4本
ジャガイモ 1個 3個
玉ネギ 1/4個 3/4個
キャベツ 1/6個 1/2個
食用油 適量 適量
 
200cc 600cc
キノコ類 15g 45g
ソーセージ 1本 3本
 
コンソメかブイヨン 2/3個 2個
豚肉 60g 180g
お好みの量 お好みの量
コショウ お好みの量 お好みの量

 野菜は他に、

カブ・ゴボウ・セロリ・レンコン・ブロッコリ・トマト・ズッキーニなども…

 肉類は、

ソーセージ・ベーコン・鶏肉・豚・牛なんでも合いますね。

 他に、

モッツアレラチーズを入れたり、

パルミジャーノチーズをかけたり、

粒マスタードを添えたりするのも合います。

作り方

1.ニンジン・ジャガイモ・玉ネギ・キャベツを、

順に皮をむき、好きな大きさに切って、

食用油をしいて火にかけたフライパンに順に入れていき、

表面にかるく焦げ目がつくまで焼く

(中火で、3分、ひっくり返して3分くらい。)

2.①に水・キノコ類を入れて煮る。

ソーセージも…)

3.②の具材に火が通ったら、

(だいたい10分くらい。)

コンソメブイヨンを入れ、

豚肉も…)

塩・コショウで味を整えたら、

出来上がり。

 お肉類は、

種類によってちょうどいいタイミングで入れてください。

我が家では、

ソーセージ 指定されている茹で時間に

合わせて煮る

鶏肉 一口大に切って、

フライパンで焼いてから煮る

牛&豚の

薄切り肉

火を止める少し前
牛&豚の

塊り肉

フライパンで表面を焼いて、

長く煮る

 器

直径 23cm  深さ 3.5cm (WEDGWOOD)

ひとこと

 野菜のカブを入れる時は、

煮ると皮の口当たりが悪いので、

断面の筋(維管束)のところまで皮をむくと、

おいしいです。

 コストコやカルディで売っている

ソーセージをよく使って、

ポトフを作ります。

おいしいです。

このくらい食べごたえのあるソーセージだと、

十分お肉の役割を果たしてくれますね。

(今回使用・長さ14cm・1本66g)

 豚肉は今回、

燻製塩をまぶして3日ほどおき、

茹でたものをスライスして使いました。

ベーコンのような感じで、

おいしかったです。

豚薄切り肉を使う時もあります。

 コンソメ・ブイヨンはお好みのものをどうぞ。

我が家はこの2種↓をよく使います。

 煮込む時お好みで、

ローリエ(ベイリーフ)を入れても…

♥ご訪問、ありがとうございました♥

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアをお願いします。更新の励みになります(^_^)/

フォローをお願いします♪