★かんたん・おいしいパンプディング●フレンチトースト●プリントースト

数年前に、

TVで紹介されていたプリントーストのお店で、

公開してくれたレシピを、

アレンジしたものです。

パンプディング・フレンチトーストも同じ作り方ですが、

パンに卵液をしっかり浸み込ませて火を通すと、

プリン(プディング)みたいになりますね。

それでプリントーストとも呼ぶそうです。

このためにパンを買ってきてもいいのですが、

買ってきてから何日かたって乾燥気味になったパンや、

冷凍庫で放置気味になってるパンを使っても、

おいしくできるので、

うれしいメニューです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

目次(タップすると跳びます♪)

材料

 あくまで目安です。お好みの量でどうぞ。 

 卵1個分  卵2個分
 牛乳  50~75cc  100~150cc
 砂糖  大さじ1  大さじ2
 卵  1個  2個
 フランスパン  1/2本  1本
 バター  5g×2(両面分)  10g×2(両面分)
 粉砂糖   お好みの量   お好みの量
 メープルシロップ   お好みの量   お好みの量
 ハチミツ   お好みの量   お好みの量
 ホイップクリーム   お好みの量   お好みの量
 キャラメルソース   お好みの量   お好みの量

作り方

1. 牛乳を電子レンジなどで人肌くらいに温め、

砂糖を入れて、よく混ぜる。

2. ボウルに卵を割り入れて、

よく溶きほぐし、

①の砂糖入り牛乳を少しずつ入れて、

よく混ぜる。

3. ②に、

食べやすい大きさに切ったパンを入れて、

5分~10分ほど置き、

パンに卵液をよく浸み込ませる。

4. フライパンにバターを入れ、

③のパンを入れて弱火で片面5分焼き、

バターを入れてから、

ひっくり返して弱火でもう5分焼く。

5. お皿に盛り付けて、

お好みで粉砂糖などをかけて、

出来上がり。

 器

直径 20cm  深さ 4.5cm (二トリ)

ひとこと

 甘みは、

粉砂糖やメープルシロップ・ハチミツなどをかけて、

ちょうどいいくらいなので、

なにもかけない時は、

①で砂糖を小さじ1弱加えた方が、

いいかもしれません。

 牛乳を減らして、

その分を生クリームにすると、

コクがあって、リッチな風味に…♪

 卵を溶きほぐす時は、

空気を入れず、

白身を切るようにすると、

なめらかな口当たりになります。

 パンは、

フランスパン(バゲット)が合うように思いますが、

食パンでも、ブリオッシュとかでも、

いいですね。

 焼く時に、

パンの表面にグラニュー糖(分量外)をかけて、

バターで直接フライパンの底に当てて焼くと、

ほのかにですが、

キャラメリゼしたようになります。

 TVで紹介されていたレシピは、

卵2個・砂糖大さじ2と1/2・牛乳200ccに、

10分浸し、

180℃に予熱したオーブンで、

15分ほど焼くというものでした。

(うちのオーブンで焼くと、

下部はやわらかいのですが、

上部が固く仕上がり、

いまひとつなので、

フライパンで焼くようにしています。

中はしっとり、外はカリッと

仕上がります。)

 ワタシの母の作り方は、

中まで卵液を浸み込ませず、

表面だけつけて、

中は白いパンのままでした。

その分卵液はもっと甘目だったように記憶しています。

それはそれで、おいしかったです 🙂

 あまったパンを冷凍しておいて、

たまったら使うようにしてもいいですね。

下の写真のパンも、小さい方は、

チーズフォンデュの時に余って、

冷凍しておいたものを利用しました。

♥ご訪問、ありがとうございました♥

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアをお願いします。更新の励みになります(^_^)/

フォローをお願いします♪