高いスーツの穴を¥6000くらいで直す方法●かけはぎ(かけつぎ)

オットの夏用のスラックス(ズボン)に、

切れ目が入ってました。

1㎝弱くらい。

わからないように直すのは、

私には無理なので、

オットに、

どうするか聞いてみたら

「もうちょっと着てみる。」

とのこと。

以前、TVで、『かけはぎ(かけつぎ)』を紹介していて、

切れたところの上に、

同じ服地をおいて、

服地の端の糸を1本1本織り込んで、

切れ目が見えないようにキレイに直していたので、

オットのズボンが、

いくらくらいで直してもらえるか、

聞いてみることにしました。

かけはぎ(かけつぎ)をしている、

リフォームのお店に持っていったら、

6000円弱の料金でした。

(大きさやキズの入り方によって、変わるようです。)

「斜めにはいってるのね。

悪くない生地だから、

よければするけど…」

と、言ってくださいましたが、

ズボンは5000円くらいで購入したものなので、

お願いしないで、

帰ってきました 。

お店の方の話だと、

バーバリーなどの品は、

生地が良いので、

かけはぎ(かけつぎ)がキレイにできるようでした。

かけはぎ(かけつぎ)の見本を見せてくれたのですが、

キレイに直されていて、

キズがホントにわからなかったです。

このズボンが2万円くらいだったり、

スーツだったりしたらお願いしたかも…

今後、そういう時は、

ぜひ、お願いしたいなぁと思いました。

(とりあえず、

切れ目の裏に、

アイロンでつく接着芯をつけて、

切れ目が開かないようにしました。)

♥最後まで読んでくださり、ありがとうございました♥

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアをお願いします。更新の励みになります(^_^)/

フォローをお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク