かんたん・包丁研ぎ・おすすめ●京セラ・ロールシャープナー

包丁って、

使っているうちに、

だんだん切れ味が悪くなってきますね…

セラミックの包丁が、

切れ味が良く、

研がなくても切れ味がずっと続くと聞いて、

使ってみましたが、

ワタシの使い方が悪いようで、

刃こぼれさせてしまったりで、

やはり、

だんだん切れ味が落ちていきました。

「包丁を研ぐ」ということをしなければダメか…と思い、

砥石を買って、

研いでみたりもしたのですが、

なかなか大変だし、

使って水に濡らした砥石を、

カビないようによく乾かすのに、

神経使うしで、

めんどくさがりのワタシには、

ちょっと…となっていきました。

かんたんに包丁が研げるという、

ロールシャープナーを試してみるかと思い、

使ってみたら…

よかったです!

ちゃんと切れ味が良くなります。

砥石で本格的に研いだ方がいいのかもしれませんが、

ワタシのようなフツウのシュフには、

じゅうぶんでした。

これで研ぐと、

肉や魚やトマトがよく切れます。

「押して引いて約10回くらい」と

説明書には書いてあったように思いますが、

片刃20往復くらいずつさせています。

(片方の刃をシャープナーに押し当てるようにして、

20回ずつ往復するようにしています。)

そうすると、

本当によく切れるようになります。

唐揚げを作るので鶏モモ肉を一口大に切る時とか、

冊(さく)のお刺身を切る時とか、

ローストビーフを薄く切りたい時とか、

そんな時に、

このシャープナーで1分ほど包丁をゴリゴリしてから切ると、

切れ味が良くて、

料理が本当にはかどります。

金属キッチンナイフ用研ぎ器なのかもしれないので、

セラミック包丁は使えないかもしれませんが、

おススメです 😀

♥最後まで読んでくださり、ありがとうございました♥

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアをお願いします。更新の励みになります(^_^)/

フォローをお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク