覚えておきたい病気|無熱性肺炎

高齢の方に多い病気ですが、

若い人がかからないわけではないのと、

周りの人がかかった時のために、

知っておいた方がいいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

目次(タップすると跳びます♪)

無熱性肺炎とは…

文字通り、

熱のない肺炎です。

熱がないため、

本人も家族も肺炎とは思わず、

症状が良くなるのを待ってしまって、

受診が遅れることが多いため、

病院へ行った時には重度の肺炎で、

肺に水が溜っている場合が多いそうです。

高齢者になると、

この無熱性肺炎からの死亡者数は

毎年かなりの件数に上るそうです。

注意しておきたい病気です。

症状

食欲不振

元気がない

咳が出る

痰がからむことが増えた

息切れがする

最後に…

無熱性肺炎にかかると、

熱がないため、

「かるい風邪が長引いているな…」

「ちょっと疲れているのかも…」

「結核だったら微熱があるっていうから、結核ではないだろう…」

などと考えて、

受診が遅れて衰弱が進んだり、

受診した時には手遅れだったりするケースがあるそうです。

「症状」を見ると、

たいしたことがないので、

ワタシも家で様子を見てしまうだろうなぁと思います。

知らないと、

熱がないだけに受診がためらわれますが、

咳が1か月以上続く時は、

熱がなくても病院で診てもらうようにした方が、

いいですね~。

♥最後まで読んでくださり、ありがとうございました♥

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアをお願いします。更新の励みになります(^_^)/

フォローをお願いします♪